VRで体験するバックホーによる重機災害 - 安全標識、安全用品、安全工事看板の「つくし工房」


  • Tel 03-3977-3333
  • Fax 03-3938-3288
電話受付   9:00~17:00 (平日) 9:00~11:00 (第一週土曜日)

VRで体験するバックホーによる重機災害

VRの効果を体験する

最近では、VRゲームやVR動画、VR体験など、VRを利用した様々な分野での活用が急速に増えています。
VRとは、バーチャルリアリティのことで、VR体験者の身体に特定の機器を装着した後、コンピュータにより合成した映像・音響などの効果により、3次元空間内にVR 体験者の身体が投影され、本当にその空間へいるかのような体験ができ、このような技術、その体系はVRと言われています。
そして、このVRを活用した医療や教育が進んでいるのです。
医療の分野では社会不安や飛行恐怖症、会話恐怖症、高所恐怖症などを持つ患者がVR体験によって、疑似体験を繰り返すことで、快復したケースもあります。
また、教育の分野ではVR教室の中で宇宙に行き、火星の環境が再現され、あたかも火星で生活しているような体験をVRですることができるのです。
VRを活用した災害体験の効果を知っておきましょう。 VRの効果を体験する

災害にならないために

無事故を目指し、日々作業している工事現場でも思わぬ災害が起こることがあります。
工事現場では、様々な重機が多く使われているため、大災害になることがあるのです。
バックホーとは、油圧ショベルといわれる建設機械で、ショベル部分がオペレータ側向きになっている特徴があります。
一般的にはショベルカーと呼ばれ、工事現場ではよく使われている建設機械です。
バックホーは街中から、河川、山の斜面など、土石がある場所では、どこでも使えるので、バックホーによる災害が多く起きています。
バックホーを工事現場に運ぶ際に、トラックにのせて運ぶのが一般的ですが、トラックから降ろすときにバランスを崩して下敷きになってしまった事例もあるほどです。
つくし工房では、このような工事現場での災害を防ぐために、事故体験VRを活用した災害対策を行っています。
VRを活用することで、未然の災害を体験し、現場では最大の注意ができるようになるので、思わぬ災害も回避することができるでしょう。 災害にならないために

お探しの商品は見つかりましたか?

商品一覧に存在しない商品でも、ご要望に応じてカスタマイズでお作りいたします。
ご質問ご要望はなんでもお聞かせください。3営業日以内にご返信いたします!!

お電話でのお問い合わせ

TEL:03-3977-3333

9:00~17:00(平日)

9:00~11:00(第一週土曜日)

PAGE TOP